メジロ八景

いま、徳島県鳴門市のコウノトリの赤ちゃん誕生で話題沸騰しています。 無事成長することを願っています。 本年私の小鳥のメジロの写真をのせることにしました。 梅にメジロ「梅メジロ」かわいいものです。 忙しく動きまわる小鳥なのでピント”バッチリ”とは言えませんがご覧ください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄港船日記Ⅱ

本年10月9日に、フランス船籍のクルーズ客船「ロストラル」が 徳島小松島港(沖洲(外)地区)に初寄港しました。 フランス語で「南」を意味する「ロストラル」は ポナン社が(本社:フランス)が運行するクルーズ客船です。 本年も豪華客船が徳島小松島港、に寄港しました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄港船日記

大型練習帆船「海王丸」「2556トン」が徳島小松島港新港に入港しました。 10月1日から12月10日まで国内各地の港を巡る練習航海を行っていて、 補給と休憩のため立ち寄ったとのことです。 2014年8月29日に姉妹帆船 「日本丸」 が小松島新港に入港しています。 後程ご案内します。 穂先には笛を持ったブロンズ像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の風物詩 花火

諏訪湖の花火大会をテレビのLIVE放送で見ました。 スケールの大きさに圧倒されました。 今年の花火は小松島港祭りの花火、地元吉野川の花火を見ました。 日本人は昔から花火が大好きで、その心は現在も受け継がれています。 いつ見ても感動的で癒されます。 小松島港祭りの花火は開始目前で雨が降り、風がなく煙が上空に停…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雲辺寺をたずねて

四国霊場のうち最も高い標高911メートル、に位置する 四国山脈の山頂近くにある霊場雲辺寺をたずねました。 五百羅漢さんの傍に生えるアジサイが7月いっぱい楽しめると聞き 一昔前たどったお四国参りを思い出しながら行きました。  杉並の合間にアジサイが咲いていて参拝者を出迎えてくれます 霊場と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

船窪つつじ公園

            昭和60年に 「船窪のオンツツジ群落」 として、 国の天然記念物に指定されました。 オンツツジは葉芽が花と同時に開くため、緑の若葉と赤い花のコントラストが素晴らしい。 阿波富士と言われる 「美しい姿の高越山」 (標高1,133 )メートルから奥野々山に通じる峰筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鯉のぼりと山藤

2年ぶりに復活した宮川内ダム公園に泳ぐ鯉のぼり 宮川内(みやごうち)ダムは、治水を目的として、昭和39年にできた 人造湖で、春は新緑、秋は紅葉と山々の姿を湖面に映し出し、 美しい風景を生み出しています。 湖では、ワカサギ、コイ、フナ、ブラックバスなどの釣りが楽しめます。 次にアニメーショ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひなの奥座敷さかもと

勝浦にある「ひなの里かつうら」 経由 「おひなさまの奥座敷」 と   「坂本おひな街道」 を散策しました。  のどかな山村の中にそれぞれ工夫した飾り方で本家と違う味わいです。 トンネルを超えると森本家の屋敷に そこは、旧家らしく手入れされた庭にも あちこちと飾られていて多くの来客で賑わっています。 中…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大阪国際空港(伊丹空港)

伊丹空港のランウエイ方位はメインの14R/32Lと14L/32Rの平行滑走路です。 14L/32R側の滑走路は短く、ボンバルディアなどのプロペラ機がメインに使用されています。 空港は市街地にあり騒音問題の関係から大型機の就航がなくファンとして寂しいところです。 しかし、今日は全日空の787型機の離陸を見る…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

らっきょの花

過日らっきょの花が満開と聞き鳴門大毛島に行きました。 らっきょ・なると金時・大根・鳴門わかめの里のらっきょ畑を散策しました。 当日は上天気に恵まれ、しかも花祭りの当日にあたり なると金時の焼き芋、試食やレンコン茶のお接待を受けました。  チラシを手に約3kmのウオークに参加しました カモメも歓迎…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

古代ハス

 〈古代ハス〉 と 〈レンコン畑で見るハス〉 とどんなちがいがあるのだろうか 行って確かめたいと思い場所を探しながら行きました。 国道11号線から進入して、成田のお不動さん鳴門分院を右手に 眺めの素晴らしい橋を渡り左折すると、なんと厳しい道に入ってしまいました。 Uターンして少し先を再び左折、しばらく直進しそれら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

伊島のササユリ

野生のイシマササユリ は5~6月に開花するユリ科の植物で、 徳島県阿南市の沖合の島  「伊島」 しか自生しないといわれています。 その野生のササユリも群生地に雑木が茂り、日当たりが悪くなったことや、 乱獲により絶滅危惧種とされています。 伊島中学校の皆さんが保護運動を始めて、今年で28年目を迎えるそうです。 昨年は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菜の花のある風景

何処からか花の匂いがする季節になりました。 その風景を少しご紹介します。 童謡、唱歌    春はいいですね。 ご覧頂き有難うございました。 モルフォ蝶
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

岡本太郎 Memorial Museumを訪ねて

1970年大阪万博が開かれ太陽の塔は万博の象徴でした。 太陽の塔を構想したとき、その体内に ”生命体”を 内蔵させようと考えたそうです。 45年たった今、岡本太郎の名前は知らずとも永久保存されている  ”太陽の塔” を知らない人はいないと思います。 ”岡本太郎の生命体”と題してときに激しく、またユーモラスに語り…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

淡路七福神巡り  PARTⅡ

午前中はいくつもの団体さんと重なり混雑しましたが、 あと4ヵ寺を回ってから最後に新年会もあり、入浴と夕食を 楽しみに皆さん頑張ってお参りをしました。          開運福寿の秘伝  ー心の鏡の巻ー          強いつもりで弱いのは … 根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路七福神巡り

淡路島には、歴史のロマンを秘めた数多くの史跡や 文化遺産があり四百余りの社寺が点在しています。 とりわけ七福神信仰は淡路全島の町や村の風土の中でも 素朴で厚い信仰を集めています。 まさに淡路島そのものが七福神乗合の宝船と見立てられています。 私達一行は上天気に恵まれ壮大なロマンの旅へ出航…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉日記 根香寺を訪ねて

”根香(ねごろ)寺”は、香川県高松市中山町にある天台宗単位の寺院。 本尊は千手観音 四国霊場第八十二番札所寺。 歴史: 寺伝によると、空海(弘法大師)が弘仁年間(810-824年)に 花蔵院を創設し、五大明王を祀ったという。 その後、円珍(智証大師)が天長9年(832年)に千手観音を祀り千手院を創設。 この2 院を総称して根香…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏が終わって

    ”暑かった夏”  もいつの間にか  ”初秋から中秋”  に移り どこかで鳴く虫の音も聞こえて朝夕は涼しくなりました。 また、栗・柿・みかん・松茸など旨い物のオンパレード。 ついつい手の出る 馬肥ゆる秋 になりました。 皆さん食べすぎに注意しましょう。 日本の夏、ひまわりの夏 秋の夕暮 月の明かりで釣糸を …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

多くの爪痕を残した台風

今までに経験のない出来事として11号・12号台風の、大雨による影響で 多大の被害が出ています。 犬と散歩する吉野川市の川島土手は、景観の良い所で私の好きな場所です。 今回の台風による大雨による増水で、10番札所切幡寺からの遍路道の 潜水橋も埋没し通行不能の状態で濁流は凄まじく不気味な状態でした。 春には岸辺…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

小松島港祭り 花火大会

平成26年度  ”小松島港祭り”  フィナレーを飾る納涼花火大会がありました。 港は夕方早くも大勢の見物客で賑わっていました。 天気晴朗、穏やかな海、絶好の花火日和です。  約2000発の花火が上昇音とともに夜空に高く舞い上がり花咲きます。 大玉が上がると一段と大きな歓声が沸きあがっていました。 本年の花火大会…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more